About bikohsui

お水だって、きちんとこだわりを持って選んでほしい。
名水の山、神戸・六甲山から“bikohsui” 微硬水が生まれました。

毎日の生活に書かせない存在の"水"。街にはさまざまな種類の水があふれています。
"水はどれも同じ"と思って、何気なく選んではいませんか?

ライフスタイルや食べ物にこだわりを持つなら、
水だってきちんとこだわりを持って運んでほしい。

そんな想いから、名水の山として名高い神戸、六甲山から
“bikohsui”微硬水が誕生しました。

Roots of bikohsui
Roots of bikohsui

水を守る龍神さま

bikohsuiの水源は、六甲山の麓を流れる渓流の一部、布引(ぬのびき)です。渓流の中にあるように感じる二宮神社の中に、夢に出てきた白蛇がもとで、昭和になって建てられた椋白龍社(むくのきはくりゅうしゃ)があります。龍神さまは、水を司る神さま。その一帯の布引渓流が名水百選というのもうなずけます。
水は、淀みなく流れているからこそ、清めるパワーを発揮することができます。そして氣もまた同じで、流れてこそ「氣が通り」、あたりを澄んだ、清らかな空間にすることができます。布引渓流は、水も氣も流れる、清らかなふるさとだからこそ、そこに在る水が名水となったのでしょう。

A special water
A special water

「生充填」することが許された水

昔は水と言えば水道水でしたが、今、私たちにとって飲料水は、ペットボトルの水です。国内にはあまた水の種類はありますが、bikohsuiは、非加熱フィルターによる浄化だけで、化学処理はもしろん、煮沸さえも行っていません。自然のままボトルに「生充填」することが許された、特別な水です。「生」ゆえの絶妙なバランスから生まれるその美味しさは、明治時代に神戸にやってきた外国の船乗りからも「赤道を越えても変わらない」と言われ、大量に船へ積み込まれたという伝説のナチュラルミネラルウォーターなのです。壊れた器械のように部品交換ができない私たちのカラダの大半は水でできています。だから取り入れる水を選んでいただく。安心を選んでいただくのです。

What's Bikohsui
What’s Bikohsui?

微硬水とは

日本三大神滝「布引の滝」をもつ六甲山の布引渓流。bikohsuiは、その大地深くの花崗岩層で磨き上げられたナチュラルミネラルウォーターで、日本では珍しい中硬水です。欧州で主流の硬水と日本に多い軟水との中間にあたるため飲みやすく、バランスの良さが特徴です。水の温度に関わらず美味しい上に、 何年もその美味しさが変わらない「神戸ウォーター bikohsui」は、明治元年に開港した神戸港へ寄港する外国船が好んで積み込み、世界中の船乗りから世界一と称えられたとも伝えられています。

Mineral in bikohsui
Life with “bikohsui”

微硬水に含まれる成分

Ca カルシウム 33.3mg/L
K シリカ(ケイ素)32.0mg/L
Na ナトリウム 27.0mg/L
サルフェート25.0mg/L
Mg マグネシウム 7.3mg/L
K カリウム 0.8mg/L
硬度113

Support beauty & health
Support beauty & health

微硬水が美と健康づくりを応援

美と健康を意識する女性にやさしく寄り添う微硬水。話題の美容成分を含み、女性にとって最も気になる「美容対策」に最適な飲料水です。やさしく角のない旨味は、ヨガの後やダイエット時の飲料水としてもおすすめできる、神戸の天然水。ジョギングやお出かけに連れて行きたくなるちょっとオシャレなデザインにも注目です。

Mineral in bikohsui
Life with “bikohsui”

おはようからおやすみまで、
暮らしにフィット

舌の上を滑るように、喉の奥へすっきり収まる飲みやすさが微硬水の特長。美味しいから毎日続けられて、からだにもやさしい微硬水。
朝起きたとき、食事中、スポーツ、入浴、お休み前に。もちろん、家事や仕事の合間のリフレッシュにもぴったりです。そのまま飲むのはもちろん、コーヒー、紅茶、水割りなどの飲みものやお料理にも。いつもの味がお水によって変化します。あなた流のKOBE WATERを楽しんで。

栄養分(100mlあたり)エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物:0、ナトリウム:2.70mg、カルシウム:3.33mg、マグネシウム:0.73mg、カリウム:0.08mg、硬度:113mg/L、pH:6.7